法人破産 [事例4]

事業資金により借金6000万円⇒会社破産手続にて借金0円に

通信販売・IT業
債務整理方法借金総額
会社破産 6000万円 ⇒ 0円

背景

Aさんは通信販売の個人事業を営んでいましたが、ついに実際の店舗を構えて商売するという長年の夢を叶えました。しかし、予想以上に開店資金がかかってしまい、その後の売上も芳しくありませんでした。そのため、その穴埋めをすべく、金融機関からの借入を繰り返しました。
最終的に、会社名義の借金は6000万円にのぼり、今後に不安を覚えたAさんは当事務所へ相談にいらっしゃいました。

対応

Aさんは会社を破産させることを迷っていました。しかし、「今後、会社代表者としてあらゆる債権者から請求されてしまうこと」「Aさんご自身名義での借金もかなりあること」などを説明して、Aさんに納得してもらい会社破産の手続をすすめていきました。
会社名義の資産や負債状況の調査を入念に行い、管財人や裁判所に報告しました。手続中、債権者からクレームを受けることもなく、スムーズに進めることができました。

結果

無事に破産手続が終了し、Aさんの会社名義の借金6000万円の支払い義務はなくなりました。
会社を破産させることを迷わない経営者の方は、そう多くありません。むしろ多くの場合、存続を願うものです。しかし、どこかのタイミングで決断しないと、さらなる赤字拡大となり、その歪みもまた拡大していきます。
本件によって、どこかのタイミングで然るべき決断をして、会社を破産させることの重要性を痛感させられました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-355-020 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-355-020
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ