法人破産 [事例5]

会社名義の借金2300万円⇒会社破産によって会社名義の借金が0円に

卸小売業
債務整理方法借金総額
会社破産 2300万円 ⇒ 0円

背景

Aさんの会社は、園芸用品を取り扱う卸売業でした。取引先は、関東近郊のホームセンターや園芸店であり、売上も順調でした
しかし、大口の取引先が買収されたことを契機に、取引数が激減し、それに伴い売上もかなり落ち込みました。さらに他の取引先からの受注も減少し、次第に経営が立ち行かなくなっていきました。それでも会社を存続させるために、借入を繰り返しました。
最終的に、Aさんの会社名義の借金は、2300万円にのぼっていました。今後に強い不安を感じたAさんは、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

対応

ご依頼後、Aさんの会社名義の資産を調査しました。すると、未回収の売掛金がかなりあることが判明しました。それらの売掛金を漏れなくきちんと回収する必要がありました。
また、大量の在庫品が賃借倉庫内に保管されていたため、賃借倉庫の明渡がスムーズに進まず、賃料滞納が発生してしまうリスクがありました。
したがって、それらのリスクを回避すべく、慎重に対応しながら会社破産の手続準備をすすめていきました。

結果

慎重に対応した結果、未回収だった売掛金は全額回収することができました。また、賃借倉庫の滞納賃料を発生させることなく、在庫品を処分することができました。
そして、破産手続も無事に終わり、会社名義の借金、およびAさん個人名義の借金も合わせて、解決させることができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-355-020 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-355-020
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ