交通事故 [事例6]

玉突き事故⇒後遺障害14級・310万円の賠償金を獲得

30代男性
主な症状損害賠償金
頚椎捻挫、胸背部挫傷、腰椎捻挫 200万円 ⇒ 310万円に増額

背景

Aさんは運転中、渋滞に巻き込まれていたところ、後方からの玉突き事故に遭いました。病院で治療を受け、頚椎捻挫、胸背部挫傷、腰椎捻挫と診断されました。
その後、Aさんはご自身で相手方保険会社と対応していましたが、強いストレスを感じるようになり、弁護士に相手方との交渉を任せたいとのことでご依頼いただきました。
また、Aさんは弁護士特約に加入していたため、弁護士用を自己負担することなく、依頼することができました。

対応

Aさんのご要望どおり、弁護士が窓口となり、相手方保険会社との交渉を全て引き受けました。その結果、過度のストレスにさらされていたAさんの悩みは解消されました。
それから、7か月の治療期間を経て症状固定となったのち、自賠責保険に被害者請求を行いました。合わせて、賠償金を増額させるべく、裁判基準をベースに相手方保険会社との交渉を重ねました。

結果

被害者請求の結果、むち打ちによる神経症状で後遺障害14級を獲得できました。その獲得結果をもとに、相手方保険会社と示談交渉を重ねた結果、当初相手方が提示してきた賠償金200万円から110万円の増額となる310万円を獲得することができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-355-020 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-355-020
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ