交通事故 [事例7]

むち打ち⇒主夫の休業損害を認めてもらい、賠償金320万円を獲得

40代男性
主な症状損害賠償金
頚椎捻挫、腰椎捻挫、右下腿挫傷 320万円を獲得

背景

Aさんはエンジンを切った状態でコンビニ駐車場に停車していました。すると、相手方車両が突っ込んできたため、Aさんはむち打ちなどのケガを負いました。
その後、Aさんは7か月の治療期間を経て症状固定になり、後遺障害14級を獲得しました。
しかし、「後遺障害14級は妥当なのか?」「支払われる賠償金額の見込みを知りたい」とのことで、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

対応

まず、後遺障害14級という判断の妥当性について検証しましたが、この判定を覆すのは困難でした。そのため、より多くの賠償金獲得を目指すことに注力することにしました。
Aさんは、父親と二人暮らしだったため、父親の面倒や家事の一切を引き受けていました。そこで、主夫の休業損害を相手方に主張しましたが、予想以上に交渉は難航しました。
そのため、交渉の場を交通事故紛争処理センターに移すことにしました。

結果

前述のとおり、交通事故紛争処理センターにて相手方と交渉することになりました。ここでも主夫の休業損害について争いはあったものの、あきらめることなく交渉を重ねた結果、Aさんが満足できる休業損害を認めてもらうことができました。
また、後遺障害慰謝料や通院慰謝料などについても、一番高い基準である裁判基準をもとに交渉した結果、より高い金額を認めてもらうことに成功しました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-355-020 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-355-020
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ