債務整理 [事例3]

保証債務2660万円⇒個人再生・給与所得者等再生にて借金が大幅に減額

50代男性
債務整理方法借金総額毎月の返済額
個人再生 2660万円 ⇒ 360万円に減額 11万円 ⇒ 6万円

背景

Aさんは、過去に会社の代表取締役を務めており、その会社名義の借金2000万円以上の保証人になっていました。もし債権者から請求されたとしても、到底払える額ではなかったため、当事務所へご相談にいらっしゃったのでした。

対応

ご依頼後、Aさんから話を伺うと、「今家族と住んでいる自宅だけは残したい」とのことでしたので、現在の住宅を残しつつ、借金を大幅に減額できる個人再生手続を選択することになりました。
借金状況について調べたところ、債権額が大きい大口債権者がいました。もし、その債権者が手続に反対すれば、せっかく個人再生を申立てたとしても廃止(打ち切り)になってしまうリスクがありました。
そこで、小規模個人再生ではなく、給与所得者等再生にて申立てることにしました。この方法であれば、債権者からの反対を気にする必要がありません。
裁判所には、①継続的に安定収入が得られること、②収入金額の変動幅が小さいこと、を説明して理解を得ました。

結果

特に債権者から反対されることなく、無事に認可決定が下りました。
その結果、総額2660万円あったAさんの借金は、360万円に減り、毎月11万円だった返済額も6万円に減額されました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-355-020 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-355-020
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ