刑事事件

痴漢は証言のみでも逮捕される?痴漢の証拠や繊維鑑定について

痴漢は証言のみでも逮捕される?痴漢の証拠や繊維鑑定について

電車通勤をしている方などにとっては「痴漢えん罪」が非常に大きな問題です。

女性が勘違いして、痴漢と言われてしまうケースもありますし、悪意を持った人から痴漢としてでっち上げられてしまうおそれもあります。

そのようなとき、被害者の証言だけで痴漢と判定され、逮捕されてしまうのでしょうか?
また、実際の痴漢事件では、何が証拠として立証され得るのでしょうか?

今回は、痴漢の証拠(繊維鑑定・DNA鑑定など)についてご説明します。

1.痴漢の証拠とは

日本の刑事法の制度では「証拠がない限り」刑罰を科されることはありません。
痴漢で有罪とするためにも、必ず証拠が必要です。

では、痴漢の場合、どのようなものが証拠となるのでしょうか?

(1) 被害者の主観的な証言

痴漢の証拠としては、かねてより「被害者の主観的な証言」が非常に重視されます。

被害者が「触られた」などと被害申告して、その内容が調書にされたり刑事裁判で証言されたりすると、それが痴漢の有力な証拠とされるのです。

しかし、痴漢は被害者自身が勘違いをしやすい犯罪です。
また、先に述べたように痴漢をでっち上げる悪質な被害者もいますから、被害者の主観的な証言だけで有罪とされてしまうのは、大きな問題かもしれません。

(2) 第三者による目撃証言

このように、被害者の証言だけを偏重しているとえん罪の危険性も高まるので、徐々にそれ以外の証拠が重視されるようになってきています。

まず、有効なのは第三者による目撃証言です。痴漢が行われたとされる現場(電車の中など)にはたくさんの人がいることがありますが、そのような場合、第三者が「痴漢していないこと」を目撃しているケースが多々あります。

例えば、女性が「痴漢」と言ったときに、「被疑者」とされた男性の両手がカバンでふさがれていたのを見ていた目撃者が「この人は痴漢していません」と証言したことによって、えん罪が晴れた事例もあります。

(3) 客観的な物的証拠

最近は、「客観的な物的証拠」が重要視されるようになってきています。
具体的には以下のようなものがあります。

  • 動画
  • 繊維鑑定(繊維検査)
  • DNA鑑定

動画(防犯カメラ)

痴漢現場の動画が残っている場合、それは有効な証拠となります。

例えば、動画を確認したときに、被疑者とされた男性の両手がふさがっていたり、つり革をつかんでいたり、別の方向に手をやっていたりしたことがわかると、えん罪を証明できます。

最近では、電車内やイベント会場など、そこかしこで防犯カメラが設置されたり、スマホなどを使って動画撮影している人がいたりするので、痴漢と間違われたケースではその動画を確認してもらうのが良いでしょう。

繊維鑑定(繊維検査)

繊維鑑定とは、被疑者の手の指などについている繊維と被害者の衣類の繊維を照らし合わせることによる調査方法です。

被疑者が痴漢行為をすると、被害者の衣類の上から被害者の身体を触ったり、衣類の下に手を入れて被害者の身体に触れたりするので、被害者の衣類の繊維が指先や手に付着することが多いです。

そこで、痴漢が疑われるとき、すぐに被疑者の手の指についている付着物を採取して、繊維を鑑定します。

その繊維が被害者の衣類の繊維と一致したら痴漢で有罪になる可能性が高いですが、一致していなければ痴漢していないという方向にはたらきます(ただし、痴漢しても必ず手指に繊維がつくとは限らないので、手指から何も検出されなかった場合、それだけでえん罪を証明できるものではありません)。

付着物(体液)鑑定

もう1つ「付着物(体液)鑑定」という方法があります。
これは、被疑者の手指についている体液を鑑定にかけて、被害者の汗やその他の体液と照らし合わせる調査方法です。

被害者が「衣類の中に手を入れられて、直接触られた」などと主張しているときには、この付着物(体液)鑑定が有効でしょう。

もしも、被疑者が被害者の言うように、被害者の衣類の下に手を入れて痴漢行為をしていたら、被害者の汗などの体液が付着している可能性が高くなります。
それにもかかわらず、被疑者の手指からそういったものが検出されなかった場合には、痴漢していないという方向にはたらきます。

DNA鑑定

近年では、各種の刑事事件において「DNA鑑定」が実施され、それによってえん罪が証明されるケースが増えています。

DNA鑑定をすると、より高い精度で被疑者が被害者の身体を触ったのか、確認することが可能となります。

痴漢でDNA鑑定を利用するときには、被疑者の手が触れた被害者の衣類の表面から細胞片を採取します。
そして、その細胞片のDNAを解析することにより、衣類に触れた人が判明します。

例えば、傘やカバンが当たっただけで痴漢と間違われたケースでは、衣類に傘やカバンの繊維片がついていることもあり、そういったものが発見されて痴漢えん罪を証明できる可能性もあります。

【被疑者の自白の証拠性】
以上の客観的な証拠に対し、犯罪の証拠としては、被疑者の主観にもとづく「自白」もあります。自白はとても重要視されている証拠で、被疑者被告人が自白すると、一気に有罪になる可能性が高まります。
自白しても必ず有罪になるとは限らないのですが、痴漢の場合、被疑者が自白するとほとんど有罪になると考えて良いでしょう。
被害者による証言と被疑者の自白が揃ったら、通常は犯罪の証拠として充分だと考えられてしまうからです。

3.痴漢と間違えられてしまった場合の対応方法

それでは、やってもいないのに痴漢と間違われたり、でっち上げられたりした場合には、どのように対応したら良いのでしょうか。

痴漢と間違われたときの対処方法として「絶対こうすればよい」というものはなく、状況に応じて対応する必要があります。
多くのケースで有効なのは、以下のような方法です。

  • 相手の主張を聞いて話し合う
  • 毅然として自分の意見を述べる
  • 目撃者や協力者を探す
  • 名刺などを渡して立ち去る

(1) やっていないという確固たる意思を示す

痴漢を疑われたときに、絶対に避けなければならないことがあります。
それは、「少しでも痴漢行為を認める」ことです。

痴漢事件において、自白は非常に大きな証拠として取り扱われます。
痴漢現場で警察が到着するまでの間であっても、相手や周囲の人に「やりました」「すみません」などと言ってしまったら、それが既成事実となり、後から「やっぱりやってません」とは言えなくなるでしょう。

被害者から「触られた!」と言われたり、駅員や周囲の人から責められたりすると、「自分が間違っているのか?」「不注意で鞄が当たっただけと思っていたけれど、もしかしたら本当に接触していたかもしれない…」などと思ってしまうかもしれませんが、ご自身のために、絶対にやっていないと首尾一貫して強く主張を続けるべきです。

(2) できるだけ早く弁護士に相談する

また、痴漢と間違われたらすぐに弁護士に相談することも有効です。
心当たりの弁護士がいれば、痴漢と間違われたときにその場で弁護士を呼びましょう。

その場で弁護士を呼べなかった場合にも、警察に逮捕されたり立件されてしまったりしたら、早期の対応が重要となります。
警察によって不利益な調書をとられる前に、弁護士が警察への対応のアドバイスもしてくれるでしょう。

痴漢えん罪で受ける不利益を最小限にとどめるため、なるべく早めに刑事弁護に強い弁護士に相談しましょう。

また、実際に痴漢をしてしまったという方も、被害者との示談により不利益を最小限に抑えるためにも、弁護士への相談をおすすめします。

痴漢の刑事弁護 - 逮捕・検挙されたら弁護士にご相談を

[参考記事]

痴漢の刑事弁護 - 逮捕・検挙されたら弁護士にご相談を

3.痴漢事件の相談は泉総合法律事務所松戸支店へ

このように、実際はやっていなくても、被害者の勘違いや悪意により、痴漢の疑いをかけられてしまうことがあるかもしれません。
また、混雑した電車内では、出来心で本当に痴漢を犯してしまう可能性もあるのです。

松戸市、柏市、鎌ケ谷市、流山市、JR常磐線・新京成沿線にお住まい、お勤めの方で、痴漢に間違われてしまい警察に逮捕されそうだという方、痴漢をしてしまい今後どうなるか不安だという方は、お早めに泉総合法律事務所松戸支店にご相談ください。

刑事事件に強い弁護士が、事件の解決まで親身になってサポート致します。

無料相談受付中! Tel: 0120-355-020 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-355-020
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ