債務整理

自己破産手続で家計簿の提出が必要となるのはなぜ?

自己破産手続で家計簿の提出が必要となるのはなぜ?

皆様は家計簿をつけていらっしゃいますか?

「きっちりつけています!」という方もいらっしゃると思いますが、「毎日家計簿をつけるなんて面倒」という方や、「一度やってみたけど長続きしなかった」という方も少なくないのではないでしょうか。

今回は、自己破産手続で提出が必要となる家計簿について、なぜ提出が必要なのか、家計簿をつけるメリットなどを解説いたします。

1.自己破産手続と家計簿

自己破産は裁判所を通じて行う法的な債務整理手続ですから、申立てにあたり様々な書類を裁判所に提出することになります。

家計簿(家計収支表)もその中の1つで、通帳とともに裁判所に収入と支出を明らかにする書類として提出します。

裁判所によっては、家計簿の記載の裏付けとして領収書の提出が必要となる場合もあります。

何か月分の家計簿を提出するかは裁判所の運用によってことなるのですが、千葉地方裁判所松戸支部での申立ての場合は、2か月分の家計簿と2年分の通帳の提出が必要となります。領収書の提出を追完で求められることもあります。

なお、柏市に主たる営業所がある自営業者の方や柏市にお住いの自営業者以外の方(サラリーマンなど)が自己破産の申立てをする場合には、千葉地方裁判所松戸支部で手続を行うことになります。

2.なぜ家計簿の提出が必要なのか

では、なぜ自己破産手続において、家計簿の提出が求められるのでしょうか。

それは、家計簿が自己破産や免責の可否を判断するための重要な資料となるからです。

そもそも借りたものは返さなければならないのが大原則であるところ、自分の収入や財産で債務を返済することができなくなったとして、経済的更生を図るために債務を免除してもらうのが自己破産の制度です。

ですから、自己破産をするためには「支払不能」状態であることが要件となります。

「支払不能」とは、客観的にみて、債務を返済できる収入や財産がないことを言います。

債務を返済するのに十分な収入や財産があるにもかかわらず、浪費や不必要な支出をしているために債務を弁済できていないということであれば、そもそも自己破産をすることが認められません。

また、支払不能状態だとしても、浪費やギャンブルなどが原因でそのような状態になったのだとすれば、免責してよいかという点が問題となります(借金の原因が浪費やギャンブルにある場合は、原則として免責不許可事由となります。)。

さらに、不必要な支出を続けたままですと、自己破産をして免責を得ても、その後経済的に更生することができるか疑問です。

家計簿は、こういった問題点がないかを明らかにし、裁判所が自己破産や免責の可否を判断するのに重要な役割を果たすのです。

・正確な内容の家計簿である必要性

上でご説明したとおり、自己破産手続においては家計簿の提出が必須となりますので、これまで家計簿をつけたことがないという方でも、自己破産の申立てまでに家計簿をつけなければなりません。

「家計簿をつけるなんて気が重い」、「面倒くさい」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、面倒くさいからといっていい加減に作ってはいけません。

もし、いい加減な内容の家計簿を作成して裁判所に提出した場合には、裁判所に虚偽の説明をしたということで、免責不許可事由に該当し、免責が得られなくなってしまう可能性があります。

さらに悪質な場合は、資産隠しをしたとして、詐欺破産罪にあたるとして処罰される危険もあります。

ですから、面倒だと思っても、実際の収支に合致した正確な内容のものを作成できるよう、努力する必要があります。

3.家計簿をつけるメリット

家計簿の作成は面倒かもしれませんが、メリットもあります。

まず、家計簿をつけることにより、自分のお金の流れをきちんと把握することができます。お金の流れを把握できていないと、自分にいくらお金が入ってきて、いくらお金が残っているのかが分かりません。

家計簿をつければ、入ってきたお金と出ていったお金が目に見える形で現れますので、収支をきちんと把握することができます。

また、家計簿をつけると、何にいくら支出しているのかが分かりますので、不必要な支出をしていないかどうかをチェックすることができます。

そして、不必要な支出や金額をもっと減らすことができる支出があれば、それを見直すことにより、家計を改善することが可能となります。

自己破産の申立てをする方は、家計の管理に何らかの問題があることが多いのですが、家計簿を作成することにより、その問題点が浮き彫りになることが少なくありません。家計簿の作成は、家計の建て直しを図るうえでとても役立ちますので、面倒でも意義のあることと言えるでしょう。

4.まとめ

家計簿をつけるのは面倒くさいと思われる方もいらっしゃると思います。

たしかに、毎日収支を記録するというのはなかなか大変です。ですが、一度習慣にしてしまうと、意外と苦にならずに続けていけるものです。

また、今は、パソコンやスマホで簡単に家計簿がつけられるソフトやアプリもたくさん出ていますから、それらを利用すれば、手書きよりもかなり楽に作成することができます。

家計簿のつけ方にしても、毎日その日の分をつけるという方法もありますし、週末や月末に、1週間分や1か月分をまとめてつけるという方法もあります。

家計簿の作成を続けていくコツは、溜めすぎずにこまめにつけることかと思いますが、多くのレシートや領収書を目の前にすると億劫になってしまうので、週に1回はつけるようにするなど、人それぞれ自分に合ったやり方でつけてみてください。

無料相談受付中! Tel: 0120-355-020 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-355-020
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ