債務整理

松戸市で債務整理をする場合の手続き

松戸市で債務整理(自己破産・個人再生)を検討する場合の手続き

長い人生の中では、リストラや病気など思わぬきっかけで収入が途絶えることがあります
ローンを組むときは返済の見込みがあっても、ひとたびアクシデントがあれば計画通りに返済はできなくなります。

借金払いができないときの督促は苦しいものです。今現在借金問題の真っただ中にいる方は、頭の中は常に返済ことでいっぱいで、不安な日々を過ごしていることでしょう。

しかし、借金返済ができなくても悲観をすることはありません。お金の問題は必ず解決できます。

なぜなら、借金をどうしても返済できない場合は「債務整理」によって合法的に整理ができるからです。
手続が認められれば借金を減額または免除してもらえるので、以後は督促に苦しむことはなくなります。

今回は、千葉県松戸市で借金返済でお困りの方に向けて、債務整理の内容と手続き方法について解説します。

1. 松戸市で債務整理をしたい!

最初に、債務整理の基本について解説します。

(1) 債務整理とは

債務整理は、どうしても借金が払えないときに、合法的に借金を減額または免除してもらえる制度です。

債務整理には主に任意整理、個人再生、自己破産の3つの制度があります。どの制度を選ぶかは借金額や収入によって異なり、状況に合わせて最適の制度を選ぶことになります。

任意整理

任意整理は借金を減額してもらえる制度で、将来利息をカットする形で借金を減らしてもらいます。

債権者と直接交渉をすれば良いので、3つの制度の中では最も利用者の多い制度です。減額後の残債は通常3年から5年程度(業者や債務額によってはもっと短期間の場合もあります。)で完済を目指します。

個人再生

個人再生は借金を大幅に減額してもらえる手続きで、負債を5分の1~10分の1程度まで圧縮できます(どの程度圧縮可能かは債務総額や保有している財産の価値等により変わります。)。

元金も含めて減額対象となり、任意整理に比べても減額幅が大きいのが特徴です。減額後の残債は原則3年(例外5年)で完済を目指します。

個人再生は原則として整理対象とする借金を選ぶことはできませんが、唯一、「住宅ローン特則」が適用されれば住宅ローンだけ対象から外せます。

その場合、住宅を手放すことなく借金の整理ができるので、住宅ローンを支払中の方で、自宅を守りたい方には適した制度と言えるでしょう。

自己破産

自己破産は借金を全額免除してもらえる制度です。その代わりに資産価値のある財産は処分され、換価されたのちに債権者に平等に配当されます。

とはいえ、全ての財産が対象となる訳ではなく、家具や電化製品など身の回り品や99万円以下の現金は手元に残せます。

 

債務整理が認められれば督促に追われることもなくなり、任意整理、個人再生については残債があっても無理なく返済していくことができます。
落ち着いた生活を取り戻すためにも、借金の返済ができそうもなかったら、無理を重ねる前に債務整理を検討するのが賢明です。

なお、債務整理をすると信用情報機関に異動情報が登録されるので、以後5年~10年は新たな借り入れやクレジットカードの利用はできなくなりますので、手続に際しては念頭に置いておく必要があるでしょう。

(2) 個人再生と自己破産は管轄の裁判所に申し立てる

債務整理のうち、個人再生と自己破産については、裁判所を介した手続となります。

債権者との直接交渉で和解できる任意整理と違い、裁判所が関わるので用意する書類も多く手続きは厳格です。実際に手続きをする際は、管轄の裁判所に申し立てを行います。

松戸市の方の管轄の裁判所は以下の通りです。

千葉地方裁判所松戸支部
〒271-8522 千葉県松戸市岩瀬無番地(JR常磐線松戸駅から徒歩7分)

2.債務整理の手続き方法

次は、債務整理の手続き方法について解説をします。

(1) 任意整理

任意整理は債権者と直接和解交渉をします。

自力で交渉は可能ですが、法律の素人相手だと債権者側も強気になるので、有利な結果を引き出すためにも弁護士に代理人になってもらうのが得策です。

弁護士に依頼するには、まず最初に法律事務所に相談に行き、任意整理が適切と判断されたら委任契約を結びます。受任後は弁護士から債権者に対して受任通知が送られます。

次に、弁護士は取引履歴の開示請求を行い、利息の引き直し計算を行ったのち過払い金が発生している場合は過払い金請求を行います。

その後、弁護士が和解案を作成して債権者と交渉を行います。和解交渉が成立すれば双方が合意書に調印。以後は和解交渉案に沿って残債を弁済します。

(2) 個人再生

個人再生は裁判所を介する複雑な手続きとなるので、弁護士に手続を依頼するのが一般的ですので、まずは法律相談に行きましょう。個人再生が適当であると判断されたら委任契約を結びます。

弁護士からは裁判所への提出書類について説明があるので、指示に沿って書類を用意しましょう。

弁護士は業者から取引履歴を取り寄せ、利息の引き直し計算をして債務額を確定させます。全ての準備ができたら裁判所に申し立てを行います。

個人再生申立後は裁判所の審査経て、補正等が無ければ再生手続開始決定となり、債権者にも通知されます。

弁護士は再生計画案をまとめて裁判所に提出。再生計画案に債権者の同意が得られ、裁判所も計画通りに返せると判断した場合は再生計画認可決定となります。

再生計画が認められたのちは、再生計画案に沿って残債を完済します。

(3) 自己破産

自己破産も弁護士に相談をして、依頼が決まれば弁護士が債権者に対して受任通知を送付します。

その後は自己破産申立に必要な書類を用意します。準備すべき書類は弁護士が指示をしてくれるでしょう。

自己破産には「同時廃止」と「管財事件」の2種類あり、換価できる財産がなく、免責不許可事由も特になければ同時廃止、財産がある場合や免責不許可事由がある場合は管財事件となります。

書類の準備ができたら裁判所に自己破産の申立を行います。

自己破産手続開始決定後は、同時廃止なら裁判所で一度免責審尋が行われた後免責許可決定となります。
管財事件の場合は管財人との面接の後債権者集会が開かれ、その後免責許可決定となります。

免責許可決定から約1ヶ月後には免責が法律的に確定します。

3.債務整理を弁護士に依頼するメリット

債務整理は自力でも手続きを行うことはできますが、成功させるには弁護士に依頼をするのがベストです。債務整理を弁護士に頼むとどのようなメリットがあるのでしょうか?

(1) 督促がストップする

債務整理を弁護士に依頼をすると、債権者に対してすぐに受任通知が送られます。

受任通知を受け取ったら、以後金融機関や消費者金融等の債権者は債務者への直接の督促ができなくなります。借金の督促がなくなるのはそれだけで精神衛生上大きなメリットです。債務整理の手続きにも落ち着いて臨めるでしょう。

(2) 有利な条件で交渉を進められる

債務整理の経験豊富な弁護士は債権者との交渉にも慣れていますので、有利な条件で交渉を進められます。

自力で手続を行うと債権者も強気にでるので、損な条件を押し付けられる可能性は高いでしょう。弁護士費用を節約するつもりが結果として高くつくこともあるので要注意です。

(3) 周りにバレる可能性が少ない

弁護士は債務整理の手続に際して、債務者の事情を最大限考慮してくれますので、例えば家族に内緒にしたいといった事情も可能な限り汲んでもらえます。

特に、任意整理については弁護士の協力があれば家族に内緒で手続きを進められるので、周りにバレたくない方はその旨を弁護士に話すと良いでしょう。

(4) 失敗に終わるリスクが少ない

個人再生や自己破産は裁判所を通した厳格な手続きですので、書類に不備があったり、要件を満たさない場合は失敗に終わります。

準備すべき書類は多く、踏むべき手順も多いので、素人が完璧に行うのは非常に大変ですが、弁護士に依頼をすれば失敗に終わるリスクは少なくなります

債務整理が失敗に終わると元通りの状況に戻ってしまうだけでなく、利息も更に増えるので百害あって一利なしです。確実に成功させるためにも弁護士に頼るのが確実です。

(5) 費用が安くなることもある

弁護士に依頼をすると費用のことが心配ですが、債権者との交渉は確実に有利になります。また、弁護士をつけると個人再生では裁判所への予納金が安くなります

自力で手続きをするとなると、交渉は不利になりますし、慣れない作業に労力もかかります。何より失敗に終わる可能性も高くなるので、費用対効果の点からも弁護士に依頼をするメリットは大きいと言えるでしょう。

4.まとめ

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産があり、手続きが認められれば借金を減額または免除してもらえます。
いずれも一長一短あるのでどの制度が良いかは状況によって異なります。

弁護士に相談をすれば、それぞれの状況に応じて最適の手続方法を教えてもらえるでしょう。

泉総合法律事務所松戸支店では、債務整理の解決事例が豊富にございます。経験豊かな弁護士がお一人おひとりの事情を丁寧にお伺いし、ベストの解決方法をご提案させて頂きます。

借金問題は苦しいですが、お金の問題は必ず解決できるので、返済にお困りの場合は一刻も早くご相談ください。

債務整理の相談は何度でも無料ですので、まずは費用の心配をせずにお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

無料相談受付中! Tel: 0120-355-020 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-355-020
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ